カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

科学雑誌 なつのむし

雑木林は全くの天然林ではありません。薪や炭を作るために、クヌギやコナラを主体として造成された人工林です。人間が定期的に下草を刈り枝を払って、常にクヌギやコナラの林であるよう手入れします。そのため、これらの樹木をえさ場としている多くの昆虫にとって、雑木林は絶好のすみかとなっているのです。

【著作者プロフィール】
■矢島稔(やじま・みのる)/群馬県立「ぐんま昆虫の森」園長。昆虫学者。多摩動物公園昆虫園の設立・運営に尽力。執筆活動にも取り組む。『蝶を育てるアリ』(文春新書)『樹液をめぐる昆虫たち』(偕成社)など著書多数。

税込価格 400円
(本体価格371円 消費税29円)

科学雑誌 なつのむし

価格:

400円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

判型  : 縦25.7cm×横21.0cm
対象年齢   : 4〜5歳児
体裁 : 並製
ページ数   : 28ページ

ページトップへ