カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

紙芝居 走れメロス

羊飼いメロスは、人を信じることができなくなった王に立ち向かい、処刑を命じられます。
覚悟を決めたメロスは、妹の結婚式を挙げるため、親友のセリヌンティウスを身代わりにたて、3日目の日没までに必ず王の元に戻ると約束します。ひた走るメロスの行く手に、あらゆる困難が待ち受けます。
不安と後悔にさいなまれ、メロスは立ち止まりそうになるのですが……。

原作/太宰治
脚本/西本鶏介
絵/宮本忠夫

版型    : 縦26.5×横38.2cm(タトウ:縦26.8×横38.4×厚さ1.0cm)
対象年齢 : 幼児〜小学生向け
体裁 : 各巻タトウ入り
ページ数  : 20場面

紙芝居 走れメロス

価格:

3,780円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

【著作者プロフィール】

■太宰治(だざい・おさむ)/1909年、青森県に生まれる。
東京帝国大学仏文学科中退。在学中、井伏鱒二に師事。1936年、第一創作集『晩年』を刊行。『富嶽百景』『斜陽』『人間失格』など多くの佳作を発表し、流行作家になる。
1948年、玉川上水で入水自殺。

■西本鶏介(にしもと・けいすけ)/奈良県に生まれる。
昭和女子大学名誉教授。児童文学評論、民話研究、創作と幅広く活躍。絵本『おじいちゃんのごくらくごくらく』『たぬきのばけたおつきさま』(以上、鈴木出版)をはじめ、数多くの著書がある。

■宮本忠夫(みやもと・ただお)/東京都に生まれる。
絵本にっぽん賞、産経児童出版文化賞、日本絵本賞受賞。作品に『とっておきのあさ』(ポプラ社)、『ぼくとおとうさん』(くもん出版)、『さらば、ゆきひめ』(童心社)、『おいしいものたべたら』(鈴木出版)など多数。

ページトップへ