カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

紙芝居 小僧さんの地獄めぐり

絵が上手な小僧さんが急病で亡くなり、葬式のさなか蘇生しました。驚く和尚さんに小僧さんは、地獄の恐ろしさを人々に伝えるため、閻魔大王の依頼で地獄を巡ってきたと訴え、凄惨な地獄の責め苦の数々を語り始めました。
古来、寺院で行われた絵解きを、諸橋精光の迫力ある紙芝居で再現。

子どもだけでなく、大人にも見応えのある紙芝居に仕上がりました。

画面数 : 28

紙芝居 小僧さんの地獄めぐり

価格:

4,104円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

脚本・画/諸橋精光

【著作者プロフィール】
■諸橋精光(もろはし・せいこう)/1954年、新潟県長岡市に生まれる。創形美術学校、大正大学仏教学部卒。28歳の頃より仏教説話を中心とした絵本・超大型紙芝居の制作を始める。2001年『ナムチンカラトラヤーヤー』でブラティスラヴァ世界絵本原画ビエンナーレ出品、2002年『えにかいたねこ』でボローニャ国際絵本原画展入選、第31回高橋五山賞、第29回正力松太郎賞、土屋文明記念文学館賞などを受賞。他の作品に絵本『はしれ!チビ電』『般若心経絵本』『ジャータカ絵本』、紙芝居「モチモチの木」「ごんぎつね」「くもの糸」などがある。

ページトップへ