カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

友だちになれたらきっと。〜イスラエルとパレスチナの少女の文通〜

イスラエルとパレスチナの少女が1988年から始めた文通の記録。
国とはなにか、どうすれば暴力の応酬を止められるか。平和への対話の難しさと大切さを考える。

作/ガリト・フィンク&メルヴェット・アクラム・シャーバーン
絵/長崎訓子
訳/いぶきけい

友だちになれたらきっと。〜イスラエルとパレスチナの少女の文通〜

価格:

1,512円 (税込)

購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

アラビア語で平和は「サラーム」。ヘブライ語では「シャローム」。たった15 キロしか離れていない場所に住んでいながら、危険すぎて会うこともできないイスラエルとパレスチナの少女ふたりが、1988年からはじめた文通の記録。
「友だちになれたら、きっと変わる……」ふたりの純粋な思いも、二つの民の暴力の応酬にのみこまれていく。

ページトップへ